チップゴルフ|池袋のゴルフ工房ブログ

クラフトマンの立場から上達、スコアアップを考えるブログ。地クラブ販売、グリップ交換、リシャフト、カスタムなどお気軽にご相談ください!シュミレーター設置打席&駐車場完備!

当店の1番人気は、何と言っても短尺ドライバー。誰しもがドライバーをやさしく、そして飛ばしたいと考えている証拠ですね。そこで今回の記事では、従来品との違いを詳しく説明してみたいと思います。

フライハイトから新作のフェアウェイウッドが発売されました。重厚ステンレスソールと、軽量チタンボディの組み合わせがウリのバカ飛びウッドです。当店仕様で組んだ試打データを取りましたのでご覧ください。

当店で制作するクラブですが、タメをできるだけキープしてインパクトする。この意識と運動を学びやすいクラブと考えています。体感しやすいスペックで、さらにはコントロールするまでを覚えて欲しいと思います。

私はあくまでクラフトマンですので、これまで技術論は避けてきました。でも昨年から短尺仕様(短い・軽い・柔らかい)のクラブを推奨するようになり、これを使った練習方法やレベルアップする方法の質問が増えました。 クラブがやさしい!ということは、単にゴルフがやさし

弾道測定器GC2を使用して、主なウェッジ用シャフトのショートアプローチでのスピン量を計測して、比較してみたいと思います。目安として、ボールスピード&打出し角を同じくらいに、また使用球はスリクソンのZ-STARです。 市販品では、ダイナミックゴールド、NS950がほとん

よりやさしい、より短い短尺ドライバーを製作するために、ADC-01のより柔らかいシャフトを発売します!飛距離の落ちてきたシニアやレディースをメインに、42インチ前後でも飛ぶ短尺ドライバーを仕上げていきたいと思います。 カラーは手元がクロ、先端がシルバーと配色を

↑このページのトップヘ