みなさんパターヘッドの選び方はどのようにされてますか?形の好み、構えやすさ、デザイン、色など様々だと思いますが、ここでデイビット・イーデルの理論を参考に、イーデルゴルフのトルクバランスパターの選び方をご説明します。
CIMG0001

CIMG0002

こちらがデイビット・イーデルが実際に来社した時の写真ですが、実際のカップと同じ大きさの台座からレーザーをボールに照射し、パターのフェースにミラーを張り付けた状態で実際に構えてみます。そこからボールを取り除きますと、その反射した先が実際に構えている方向となります。意外に正しくカップに向いていないものなんです。
CIMG0003

CIMG0004

左右はもちろん、上下方向にいたっても正しくカップに反射するようにするために、これこそがキッチリと目標に構えているとういことですから、そのためにいろいろと選択していくのが、正しいヘッドの選び方です。
CIMG0001

イーデルゴルフでは3種類のヘッドをご用意しています。マレット、中間タイプ、ピン型・・・単純にヘッドの奥行が大、中、小です。
CIMG0003

マレットタイプは奥行が大なために、ヘッド後方に意識がいきやすいのでロフトが上を向きやすいです。
CIMG0013

CIMG0005

ここにラインを入れると効果はテキメンで一番ロフトが上を向きやす状態です。
CIMG0002

CIMG0012

CIMG0004

逆に奥行小のピンタイプのトップブレードにラインを入れると一番ロフトが下を向きやすい状態です。このようにヘッドの形状はロフトを選ぶことに近い感覚がイーデルゴルフの特徴です。ピンタイプを使っていてロフトが立ちすぎてボールが跳ねてしまう人はマレットが、逆にマレットで下からボールが浮いて跳ねてしまう人はピンタイプに変更するのも良いと思います。
CIMG0011

そして左右方向の調整はこの9種類のネックによって行います
CIMG0006

こちらが一般的なグースネック。フェースが左を向きやすいです。
CIMG0007

そして逆にバックストライクタイプは右を向きやすく
CIMG0008

こちらが中間ということになります。
CIMG0010

68度、70度、72度のライ角により細かい修正が可能となります。ひっかける人は中間からバックストライク、逆にプッシュする人はグースネックが良いですね。
CIMG0009

また、32インチから37インチまでのシャフトも取り揃えていますので、きめ細かなフィッティングが可能となります。次回は出玉の転がり、完璧なタッチ、プレイヤーのストロークまでも素晴らしく変えてしまう、重量バランスの調整の最終フィッテイングをご説明します。

お問い合わせはコチラ↓

チップゴルフ
https://chip-golf.com/
TEL:03-6907-0166