先日、青木瀬令奈プロがイーデルゴルフのパターフィッテンングでご来店された際、同社のウェッジも気に入られて製作依頼を受けました。打ち出し角が安定するので距離感が出しやすく、またセンターバランスによる左右のブレの少なさとスピン量の安定感を気に入られたとのこと。シーズン前の合宿で感触をお試しいいただき、是非エースウェッジになることを願っています。

これまでの常識とは違ったイーデルの遊び心



CIMG0078
CIMG0079

こちらのヘッドは日本の芝との相性がバツグンのDVRというモデルに、バックフェースにスタンプサークルというデザインを施したのもです。その他にもツートンバブルやダンシングEなども・・・オリジナルデザインの製作なども生産量が増えてくれば可能になるようです。自分だけのデザインを施したウェッジなんてもの作ってみたいですね。

【52度】いわゆるアプローチウェッジに求めること



CIMG0069


本題に入りますと、現在お使いのウェッジのスペックを測定させていただいた上で、52度、58度のヘッドに微調整をしながら製作したいと思います。
アプローチウェッジに求めること・・・みなさんも同意見だと思いますが、”ずばり100Y”ですよね!
どちらかというと楽に飛ばしたいイメージが欲しいと思います。
青木瀬令奈プロも一緒で、ストレートネックで出っ歯の52度では、打ち出し角が高くて距離が物足りないとのことで、52度→50度と2度立てることでロフトだけではなく、ネックも若干のグースになりますから、打ち出し角が抑えられて楽に距離が出せるようになります。元々が50度のヘッドを選ぶよりも飛ばせると思います。

【58度】サンドウェッジに求めること



CIMG0080


サンドウェッジに求めること・・・こちらは多くの要望があるでしょうね!
止まること、止まり過ぎない事、距離が合う事・・・たぶん思い通りになることでしょう。
青木瀬令奈プロの場合は、まず止まること、そして引っかけないこと(飛び過ぎないこと)のようです。
ロフトは58度→57度と気持ちグースを入れるために立てたようなものですが、ライ角はフラット目にしました。サンドウェッジは左を向かず上を向く・・・なんてフィーリングが欲しいのでしょうね。プロのトーナメントのハードなセッティングですから、ここ一番で止めきれるのは大きな武器になると良いですね。

CIMG0081
CIMG0082


シャフト、グリップは現在と同じもので製作しました。ハワイのラウンドでの結果報告をお待ちしています!

関連記事 青木瀬令奈プロご来店!パターフィッティング-イーデルゴルフ

お問い合わせはコチラ

チップゴルフ
https://chip-golf.com/
TEL:03-6907-0166