REAL SPORTS(リアルスポーツ)さんから、新しいGrandista(グランディスタ)LS-001が発売されました。前作RS-001との違いを、比較検証してみたいと思います。
グランディスタ LS-001&RS-001
右から初代RS-001(DAT55チタンフェース)、真ん中がフェースのみをSP700に変更したRS-001、そして左が今回発売されたLS-001で、新開発のDAT55チタンフェース採用です。

ソールの9個のウェイトねじで、弾道調整が可能です!

一回り大きめ


グランディスタ LS-001&RS-001 クラウン
右が新作。前作よりも安心感のある大きさに。

前作同様、クラウンはカーボン素材で、打ち出し角の確保、低スピンが実現しやすいです!

5ミリのシャローフェース


グランディスタ LS-001&RS-001 フェース
上が新作。前作よりも5ミリシャローフェースに。

前作よりもやさしい印象ですね!

シャフトは


TRPX Xanadu ザナドゥ
前作はTRPXのAirとの相性がバツグンでしたので、こちらのザナドゥで試打をご用意しました。

フレックスはSRですが、もっとしなるタイプでも試してみたいと思います!

試打データ


グランディスタ LS-001&RS-001 データ
赤が初代RS-001(DAT55チタンフェース)、青が新作のLS-001。

リアルロフトはどちらも11度ですが、打ち出し角の違いは明らかです!

ともにDAT55チタンフェースですから、ボール初速はバツグンです!

どちらが飛ぶとか、飛ばないではなくて、明らかにターゲットが違いますね!

新作は、ヘッドスピードの速くない、ボールが上がらない、どちらかと言うとフェードヒッターに良いのではないでしょうか!
参考記事 90tカーボンに酔いしれる!TRPX・ザナドゥ+グランプリ・ワンミニッツG57
ご予約の上、ご来店ください

フィティング&試打の予約はこちら

チップゴルフ
https://chip-golf.com/
TEL:03-6907-0166