世界的に短尺化傾向が巻き起こる中、2015年から短いドライバーに取り組んできたチップゴルフでは、短尺ドライバー専用オリジナルシャフトを2017年4月に発売します!

ファイアーエクスプレスさんとの共同開発で、42〜3インチの長さで、最高のパフォーマンスを生み出します。

ドライバーを短くするということ


短尺ドライバー専用シャフト ADC-01 ファイアーエクスプレス

2年間で数十種類のヘッド、シャフトの組み合わせを試してきましたが、短尺にして良さが出るシャフトは、ほんとうに少なかったです。

ドライバー用のシャフトは、45〜6インチで使用する設計なので、先端の剛性が高く、それを短くしてしまうと、どうしても硬さが際立ってしまう。

シャフトが硬いと、しならせようとリキむし、またミスがスピンに転嫁しやすいです。

そこで、短くしても ”とにかくしなる” に拘って仕上げました!

参考記事 短尺ドライバーで正確に飛ばす!ボールの進化を上手に使おう!

スピン量を徹底的に減らす


image
硬さがスピン量を増やすならば、しなりがスピン量を減らします(スイングによるところもありますが)。

ファイアーエクスプレスさんとの試作の繰り返しの中で、短尺にしても、低スピン、高初速を実現する専用設計をしてもらいました!

43インチでヘッドスピード42~3でキャリーが230Yですから、250Y超えていきます!

短くしたらヘッドスピード出ないでしょ⁉︎


短尺ドライバー ADC-01 ファイアーエクスプレス 試打データ
とよく言われますが、長いから出るんですか?と聞きたい。

こちらは42インチでヘッドスピードが40後半のデータです。キャリーが266Yですから、290Yくらい飛んでます!

一番ヘッドスピードの出せる長さは人それぞれですし、問題はボールスピードが出ることだと思います。振るクラブの仕上げ方の問題も大きいでしょうし。

振りやすさ、安定感はもちろん、43インチでも、42インチでもヘッドスピード、そしてボールスピードが出る!を追求したのが、このシャフトです。

短くして前より飛んでる!を実現します。

フェアウェイウッドも共用できる仕様でお届けします。

また、短尺ユーティリティー専用シャフトも5月に発売予定です。
短尺ユーティリティ 専用シャフト ファイアーエクスプレス

参考記事 短尺ドライバー!バルド/568ドライバー460/AUGA g

参考記事 短尺フェアウェイウッド!グランプリ/ワンミニッツ/G57・AUGAg FW

参考記事 短尺ユーティリティ!THE-G/フライハイト/三菱バサラ

参考記事 ドライバーの短尺化を受けて短いアイアン考察!その2/三浦技研CB-2007

フィティング&試打の予約はこちら

チップゴルフ
http://chip.golf-hp.com/
TEL:03-6907-0166