チップゴルフオリジナル短尺ドライバー専用シャフトいよいよ発売!

大変お待たせしました。ファイアーエクスプレス(コンポジットテクノ)さんとの共同開発、短尺ドライバー専用シャフトがようやく入荷しました。

もちろん当店のオリジナル品ですが、各方面からの問い合わせも多くいただいているのでいずれは他店様からの流通も視野に入れています。

ただ、予想を上回るご予約数となってしまい、初回生産本数がほぼ完売となってしまいました。次回入荷は6月中旬予定です。申し訳ございません。


CHIP GOLF ADC-01 SL-W


塗装は私の好みで、ブラック&シルバーのシンプル仕様。ファイアーエクスプレス・スピリッツの表示どおり、コンポジットテクノさんとのコラボ開発品です。

ADC1

42~43インチで最高のパフォーマンスが発揮できる設計で、45~46インチ仕上げ前提の従来品とは格段の違いを実感していただけると自負しています。

短尺化のメリット、従来品ではどうしてダメなのか?などの内容は以前に記事にしてありますので、そちらをご覧ください。

(関連記事)
“短尺ドライバー専用シャフト(当店オリジナル)発売決定!”

リシャフトやクラブのオーダーはご予約順に納品しておりますが、現状では入荷数が追いついていないため、時回6月入荷予定分もお早めにご予約ください。


試打~予約~納品につきまして


当製品の良さを体感していただくための試打クラブも用意してありますが、クラブセッティングの流れから、まずはアイアンセットの見直しからお薦めしています。

アイアンセットの見直しについては、こちらの記事を参考にどうぞ。

ショートピッチレングスアイアンの関連記事を見る>>

当店では、短く軽くとにかくしなるを提唱していますので、まずはアイアンを試打いただき、この良さと理屈を体感していただくことになります。

アイアンのシャフト見直しのすすめ

また、当店は会員制練習場内にあるお店ですので、まずは打席の確保が必要となります。かならず事前に試打予約ください。


短尺ドライバー用のヘッドについて


組み上げ済みの試打クラブとしては、グランプリ・ワンミニッツG57をはじめ、バルド・コンペチオーネ568、GIGA HS797も用意する予定ですが、前述のとおり本数が不足しているため、希望のものがない場合もあります。

グランプリ・ワンミニッツ・G57

現状の納品傾向としましては、試打クラブのグランプリ・ワンミニッツG57のヘッドと合わせてセットでお買い上げになるパターンが最も多くなっています。

もちろん、現在ご使用のヘッドでのリシャフトもお受けしていますが、短尺化となるためヘッド重量が不足してしまう場合は、鉛を貼って調整する場合があります。

短尺ドライバー専用シャフト登場!

また、短尺になることで、お客様の持ち込みヘッドやスイング具合によっては打ち出し角やスピン量が適正から外れてしまう場合があります。

こちらは試打クラブでの数値を参考に、ヘッドの変更アドバイスや、組み上げる時のお客様専用の調整をさせていただきますのでご安心ください。


ドライバーを短尺にした場合の他のクラブは?


アイアン→ドライバーの順でリシャフトや仕様変更をお薦めしていますが、これに続いてユーティリティ専用の短尺設計シャフトも発売します。

短尺ユーティリティ専用シャフトは5月下旬予定!

(関連記事)
“短尺ユーティリティー専用シャフト(当店オリジナル)発売決定!”

こちらもすでに試打クラブ(プロトタイプ)を用意しています。

当然、フェアウェイウッドのご要望もいただいております。こちらはドライバーシャフトとの兼用となります。しつこいようですが本数が足りないため、まだ試打ヘッドの選定と用意ができていません。あとしばらくお待ちください。


フィティング&試打の予約はこちら

チップゴルフ
http://chip.golf-hp.com/
TEL:03-6907-0166