ミライゴルフ TINIT ティニット ソール
某雑誌でのドラコン選手権で2連覇したミライゴルフさんから、TINIT(ティニット)ドライバーが発売されました。前作のMEGEM(メゲム)と試打比較してみたいと思います。

PROTO460の後継機


ミライゴルフ TINIT ティニット クラウン
右がティニット、左がメゲムです。

やさしいアベレージ向けのメゲムに対して、このティニットは正統派のPROTO460の後継機の位置づけでしょう。

小ぶりに見え、操作性の良さがうかがえます。

吹け上がらないディープフェース


ミライゴルフ TINIT ティニット フェース
左がティニット、右がメゲム。

打出角を確保しやすいメゲムに対して、ロフト通りの打出角が出そうなティニットのディープフェース。

叩けるモデルでしょうね~!

試打データ


ミライゴルフ TINIT ティニット 試打データ
ボールスピード、スピン量ともに申し分ないですね!

メゲムに対して、やはりスピン量は減りやすいでしょうし、打出角も下がりやすいので、ロフト選びが重要になりますね!

寝気味のロフトで短めの仕上げがよろしんではないでしょうか~笑

関連記事 MIRAI(ミライ)MEGEM・D(メゲムD)ドライバー/前作との比較検証!

フィティング&試打の予約はこちら

チップゴルフ
http://chip.golf-hp.com/
TEL:03-6907-0166