ゴルフが再び楽しくなった樋口さん

今回は、「ゴルフをやめてしまいたい!」というほどのスランプから、セッティングの総入れ替えによって見事に復活された例を紹介させていただきます。


新潟からお越しのベテラン競技ゴルファー樋口様


樋口さんフィッティングの様子

ご友人の紹介ではるばる新潟から足を運ばれた樋口様。ゴルフ歴ウン十年の競技ゴルファーで年齢は50代半ば。クラブにもこだわりのあるベテランです。

日本有数の豪雪地帯でもある十日町市のゴルファーということもあり、春先からジワジワ調子を上げていくという毎年の流れがあるそうです。

ところが、今年はその春先から過去にないほどのスランプ!

「もうゴルフをやめようかな?」

というところまで悩まれたそうです。そこで樋口さんの知人でもある当店の常連さん宛に相談が入って、ご来店いただくこととなりました。


まずは当店仕様のショートピッチレングスアイアンを試打


樋口さん愛用のアイアンは、ダイナミックゴールドのS400でした。年齢のことも考えますと、さすがにこのシャフトで調子を崩すとキツイでしょう。

そこで当店仕様のゼロス7の挿さった試打クラブを打って頂きました。

クラブやスイングを見直す時、やはりまずはアイアンセットからです。

アドレスをハンドアップに改めて

永年、硬くて重いシャフトを愛用されていた樋口さんのアドレスは、かなりのハンドダウンでした。シャフトがそうさせてしまったのでしょう。

まずはポスチャーを指導させていただきました。ハンドアップに構えてもらい、シャフトのしなりとグリップを感じながらスイングしてもらいます。

慣れてきたら、今度は高低を打ち分けてもらったりして、コントロールのしやすさも体感していただきます。さすがベテランだけあって感じ方はお上手です。

(樋口さん)軽くて柔らかいと聞いていたので、もっとグニャグニャして頼りないんじゃないか?と思ってたけど、全然そんな感じがないですね!打ちやすくて自在にコントロールできるような感覚!いやぁ、なんだこれ?

5番からのアイアンセットを6番からに変更していただき、ウェッジまでのオーダーを頂きました。ですが、この日はここまで!

セッティング全部変更しても良い!とおっしゃって頂いたのですが、まずはしばらくこのアイアンセットでスイングを改善していただき、長いクラブはまたその時点のスイングを診ながら着手するのが最善であることを納得頂きました。


半月後のご来店で今度は短尺ドライバーを制作


半月後、次は短尺ドライバーフィッティングでご来店頂きました。アイアンのスイングも拝見しましたが、ずいぶんとスイングがすっきりされていました。

(樋口さん)アイアンですが基本的には凄くいいです。ウェッジはアドレス補正の影響もあり、ハーフショットは右に出てばかり。距離の打ち分けはまだ課題が残っています。アイアン以外のクラブが凄く重く感じて苦労しました。

(樋口さん)ですが、スランプが嘘のように普通にゴルフしている自分が不思議でたまりません。久しぶりにやる気が沸いてきました。

ウェッジでのアプローチについては、樋口さんに限らずみなさん様々に培ってきたものがありますから、最も難しい部分かもしれません。

しかし、やめたいほど悩まれていたのが、やる気にまで発展されたとのことで、大変嬉しい報告でした。樋口さんの向上心にも感謝です。

話をドライバーに移します。

樋口さん自身はドローボールも打ちたいとのことでしたが、スピン量やスイングタイプからはフェードの方が安全だと考えました。

当店推奨グランプリG57ドライバーヘッド

フィッティングの結果、当店推奨ヘッドのグランプリG57で、オリジナル短尺シャフトを43.75インチで仕上げさせていただきました。

正直なところ、すぐに好結果というわけにはいかなかったのですが、納品後日に樋口さんから嬉しい便りが届きました。

(樋口さん)こんばんは!ホームコースのシニア選手権予選通りました!36人中8人通過の狭き門でしたが午後からの雨でみんながスコアを崩すなか5位通過でした。トップとは2打差、来週の決勝頑張ります!

さすがです。こういった報告はクラフトマン冥利に尽きますね。ゴルフに熱心に向きあう人には、なんとかしてあげたい!こちらも熱が入ります。


短尺ユーティリティのフィッティングと納品


ちょうどユーティリティ用シャフトの入荷待ちタイミングだったせいで、樋口さんには約1か月お待ち頂くことになりました。申し訳ありませんでした。

短尺ユーティリティ専用シャフト

ユーティリティについては、アイアン、ドライバーとしっかり診せていただき、その流れがありますので、その場で気に入っていただけました。

持ちこみヘッドで21度、27度の2本を組み上げました。

短尺ドライバーもそうですが、この短尺ユーティリティもアイアンのリシャフト調整があってこそ、良さが分かって頂けるものです。

21度のユーリティティで十分な飛距離が出ますので、樋口さんのクラブセッティングにフェアウェイウッドは不要となりました。

これで、愛用パターを入れて全11本セッティングの完成です。

(樋口さん後日談)大変操作しやすいユーティリティです。高さも打ち分けやすいし175yを今まであんなに高いフェードで打ったことがなかったので嬉しいです!

この他にも、ドライバーのフェード打ちや、ミドルアイアンのコントロールなど、まだまだ課題があるとも知らせていただきました。

「やめたい」とまで落ち込まれていたのに、報告の内容は好結果でなくても前を向いている人のそれでした。もう大丈夫そうですね!

すぐに飛距離アップする!スコアアップする!そんな魔法のようなクラブはありませんが、その実現を目指せるところまでのお手伝いができて良かったと思います。