2018年早々に発売されるBALDO(バルド)さんのニュードライバー、TTX420ドライバーの試打が届きましたので、バルドユーザーの牧田さんと試打評価してみたいと思います。
バルド TTX420
420CCの小ぶりなヘッド。

10gのステンレスプレートを6gのウェイトネジで装着し、低重心化を実現したことにより、高弾道のロースピンボールを生み出します!

精密鍛造DAT55Gカップフェース採用ですが、マイルドな打感&打音を実現しています。

バルド911Dユーザーの牧田さん


牧田さん
(牧田さん)若干小ぶりに見えますけど、違和感はないですね!この感じに慣れたんで大きなヘッドはどうもね~笑

バルドさんの雰囲気って、バルドさんなんですよね~笑
バルド TTX420 試打データ
(牧田さん)これ飛びそうだな~!ボールスピード出るね!

DAT55フェースだからですかね~

(牧田さん)打感も音もマイルドだけど、僕は911の少し弾く感じと食いつきが好きです!

好みの問題ですよね~。僕はバンバン弾く感じが好きです!笑

シャフトは


ADC-01 プロトタイプ
こちらのシャフトは当店オリジナルのADC-01シャフトを改良しているプロトタイプです。

牧田さんくらいのハードヒッター(ヘッドスピード45以上)向けにトルクを絞って、安定感を意識した競技志向モデルです。

また発売が決まりましたらご報告します!

関連記事 短尺ドライバー専用シャフト(当店オリジナル)発売開始!

フィティング&試打の予約はこちら

チップゴルフ

https://chip-golf.com/
TEL:03-6907-0166