アメリカのパーツメーカーのKZGさんから、ロフトの多いユーティリティが発売されましたので、試打評価してみたいと思います。

KZG・H370UT・30度
ステンレスボディにマレージングフェイス、飛距離よりも安定感が出せると良いですね!

ソール幅は広めでやさしい印象ですが、はたして・・・

ロフトは30度が限界!?


KZG・H370UT・30度・クラウン
こちらは30度の写真ですが、34度、38度も試打させていただきました。

34度、38度はこの30度からロフトを寝かせていくので、リーディングエッジを前に出して、どんどん出っ歯になってしまいます。

そうすると、トップしやすいですし、ミートするためにはフェイスが立ってこないとならないので、結局高い球は出なかったです(汗)

高い球が出るとしたらダフリですね・・・

やはり、アイアンのようにオフセットにしないとならないのでしょうね。

ということで、当店では30度で試打をご用意しました。

シャフトはこちらです。
関連記事 【当店オリジナル】短尺ユーティリティ専用シャフト発売開始!

試打動画を載せました!




最近のアイアンでは7番でも止まらないという声が多いですので、その代用には良いと思います。

フィティング&試打の予約はこちら

チップゴルフ
http://chip-golf.com/
TEL:03-6907-0166