短尺ドライバーとの比較

当店の一番人気は、何と言っても「短尺ドライバー」です。お問い合わせや来店予定でも「短尺ドライバー」目当ての方がほとんどです。

誰しもドライバーをやさしくしたいと考えている証拠ですね。

お問い合わせについては大変感謝しているのですが、当店では短尺ドライバーだけの単品販売は行っていません。その理由について説明させていただきます。


まずは当店の短尺ドライバーの特性から


当店の短尺ドライバーですが、単に短いだけではありません。察しの良い方は分かると思いますが、ただ短いだけでは簡単にはならないのです。

決定的に違うのは、従来のドライバーは遠心力で飛距離を稼ぐコンセプトなのに対して、当店のドライバーは遠心力を下げても飛距離がキープできるということ。

短くても効率良くしなりが利いて、従来品との比較しても違和感どころか、スムーズなインパクトを感じてもらえるよう設計、組み立てを行っています。

これは、レッスンプロやツアープロ、協力メーカーとチームを組み、数年にわたってデータを取りながら、試行錯誤を繰り返して突き詰めてきたものです。


短尺ドライバーを構えてもらうとまず、

「簡単そう!」という驚き
「これ飛ぶの?」という不安感


これらが交差する方が多いです。


ですが、いきなり打ってもらっても、すぐに結果が出ることが多いのは、この取り組みの成果だと自負しています。

関連記事 短尺ドライバーのススメ!スリクソン・プロ編

一般的なクラブとの相性が違いすぎる


当店の短尺ドライバーはこのようにコンセプトが全く違うせいで、一般的なクラブセッティングの中にポツンと1本だけ入れてしまうと、かなり相性が悪くなります。

まあ極端に違うからこそ効果が大きいということでもありますが、当短尺ドライバーをナイスショットすればするほど、他のクラブへの違和感が増します。

人間の感覚は調整しようと努力や工夫をしますから、そのうちにスイング自体が分からなくなってしまうと思います。

まさに

ドライバーが良い日はアイアンが悪い!
アイアンが良い日はドライバーが悪い!


という、よくある悪循環をさらに極端に経験してしまうことになります。


短尺仕様クラブセッティングのすすめ


当短尺ドライバーの基本仕様は長さ43インチです。そのためフレックスも重量も従来品とは比較にならないくらい、いわゆるロースペック化されています。

フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンも同じ仕様に揃えて初めて短尺化の効果がゴルフに、そしてスコアに表れると思います。

クラブセッティング全てのクラブが使いやすい!

このために、ドライバーだけの単品販売を行っていないということをご理解下されば幸いです。

すぐにすべてのクラブを買い替える必要もありません。予算もタイミングもあることでしょうから、フィッティング後にそういったセッティング変更の相談にも乗っていますので、是非一ドライバーだけでなくクラブセッティング全体を見直すという気持ちでフィッティングへお越しください。