ボールの先にある地面を叩く

ミスを減らすためには、やはりインパクトへの理解を深めることです。まずはスイングスピードが遅くアクションも小さいアプローチ練習で体感しましょう。アプローチの練習は、スコアにも直結するので一石二鳥とも言えます。

正しいインパクトへの第一歩とは


何が一番大事かと言えば、まずはダフらないこと。ダフってしまえば、フェイス面もクラブ軌道も思いどおりになりません。

そんなこと分かってるよ!

とおっしゃる方も多いのですが、練習場のマットではダフってもボールが飛んでいくので自分がダフっていることに気づいていない方が多いです。

大事なのは、

地面→ボールの順番ではなく、ボール→地面の順番でコンタクトする!

これこそが、まずは学ぶべき一番重要なことです。その前にまずはダフっていることに気づきましょう。これに気づくだけで画期的に変わる人もいます。


ボールの先にある地面を叩くということ


クラブ軌道の最下点がボールの先になるようにしましょう!というお話しですが、ダフるということは、ボールより手前が最下点になっているということです。

また、トップ(地面に触れなかった)は、最下点が空中だったとなります。

では、具体的な修正方法は?

ボール→地面の順番でコンタクトするという当たり前のことですが、この方法論や練習方法はいくつもあると思います。次の項で必要条件を整理してみます。


ヘッドの最下点をコントロールするクラブの使い方


ヘッドの最下点を決めるのは、結果的にはヘッドの位置ですが、実はその反対側のグリップエンドが重要です。直接握っているグリップエンドをコントロールせずしてヘッドがどうのこうのと言う資格はありません。

自分で操作できるのはグリップですから、ヘッドを感じる前にまずはグリップをしっかり感じて欲しいです!

そしてボールの先の地面を叩きたいわけですから、その位置にグリップエンドが先行してくるいわゆるハンドファーストでコンタクトしたいですね。

そこからヘッドがボール→地面へとへ向かういわゆるダウンブローが生まれます。

単に上から叩きつけているのは、ダウンブローとは言いません。ここを誤解してスラーサーになってしまう人が本当に多いので要注意です。

ダウンブローを起こすタイミングが早いからダフってしまう!こういう考えを持ちながら練習に向かうと、イメージしやすく、良い練習方法になりますよ。


いわゆるタメが重要ですが・・・


正しいダウンブローでダフリ防止

ヘッドを当てにいかないこと、早く下げ過ぎないこと、下がってしまわないこと。となれば、腕とクラブの角度、いわゆるタメが重要になってきます。

そして、どこまでタメをキープできるかがカギになります!

クラブが重過ぎたり、シャフトが硬過ぎると、このタメのキープはかなり難易度の高い作業になります。プロの中でも世界のトッププロのように、全身でタメるというような極めて高度な技術を要求されます。

逆に、軽い!柔らかくてよくしなる!というクラブだと、クラブ単体にもタメが生じますし、しなりを感じられて楽にキープさせてくれます!

極端なこと言うと、シャフトがタメてくれるから、アナタは少しの技術だけを習得すれば良い!感じやすいから習得も早い!となります。

グリップが先行のハンドファースト!

是非当店推奨の短尺セッティングで体感して、本当のダウンブローを実現させてほしいと思います。