チップゴルフ安達作業中

ゴルフの楽しみ方は人それぞれですが、いつの日も悩みは尽きません。自分が上達しないのは何のせい?私のもとには、それをクラブに求める方がほとんど。でも、クラブを買い換えればすぐに解決するなんて魔法のクラブはありません。

まずは悩みの整理から


パターフィッティングの様子

多くの方と接してきてつくづく感じるのは、自分に起きている問題の整理ができていないこと。または、整理の仕方がわからないことでしょうか。

時には、間違った自己診断を持ち込まれる方も多くおられます。

多すぎる情報がそうさせるのでしょうね。

何をすべきで、何をすべきではないか。身のほどを知って、出来ること&出来ないことを整理できれば、悩みは絞られ意外と簡単に解決の糸口が見つかるものです。

そのためには、技術とクラブのトリセツをちゃんと作ることです!

そしてその整理をお手伝いするのが、レッスンコーチの役目であり、我々クラフトマンの役目なのだと思います。


技術ですべきこと、クラブですべきこと


短尺セットのすすめ

私はクラフトマンですが、クラブで何もかもが実現するとは思いません。クラブで可能なこと、技術で解決すべきことを整理するのが役目だと思っています。

打点が5ミリ狂うと満足いかないショットになるのが現実で、そのたった5ミリに対して一喜一憂するのがゴルフです。

ナイスショットを増やすより、ミスの回数を減らしたり、ショット全体の質を上げるのがスコアアップ、レベルアップの近道でしょう。


フィッティングで拝見すること


ゴルフの悩みは尽きない

フィッティングで拝見するのは、現状の技術の把握と、短期的に何の技術を獲得されるのが良いか?という部分です。

現状の技術に合ったその場しのぎの提案は避けたいですし、そういったクラブをお渡しするつもりはありません。

技術が変わり、上手くなるためのクラブをお渡ししたい!

よく難しいクラブを使った方が上達するという話があります。難しいクラブがミスヒットを教えてくれるというロジックだと思いますが、本当でしょうか?

悪い癖がついたり、無理もするでしょうし、前述の多すぎるスイング情報に巻き込まれてゴルフが面白くなくなったりすることもあるでしょう。

お客様の目的が「所有感」ではなく「上達」であるならば、レベルは問いませんのでとにかく相談してほしいと思います。自己診断が間違っていても構いません。

あまり苦労せず、短期間に上達して、さらなる可能性を感じていただけるクラブをお渡ししたいと思っています。

そのひとつの答えが、私の短尺セットだと思っています。

クラブを買い換えるということだけでなく、トリセツそのものを作り変えてもらうのが目的です。上手くなるためにクラブを変えて欲しいのです!