グランプリ ワンミニッツDS&MAX ソール

グランプリさんから2019年最新モデルのワンミニッツDSが発売されました。同時に発売されたワンミニッツMAXと試打比較してみることにしました。

構えた印象


グランプリ ワンミニッツDS&MAX クラウン

グランプリのワンミニッツといえば、代々、構えると右のMAXのように丸くふっくらとした印象なのですが、左のDSはフェイス長が面長な洋ナシタイプに近いです。

フェイスが長いので大きめに感じます。プレーヤーによってはこちらの方が安心感を得られるかもしれません。ソールデザインも明らかに今までとは変更されました。

ワンミニッツなのに、ワンミニッツではない進化版?そんな印象です。


フェイス


グランプリ ワンミニッツDS&MAX フェイス

左下がDSです。第一印象はズバリDSのフェースのでかさ!MAXが普通より小さいのではなく、フェイス長もフェイス高もDSのほうが上回ってます。

これだけ違うと、試打にどんな差がでるのか楽しみです。


ウェイトネジの位置


グランプリ ワンミニッツDS&MAX ウェイトネジ

左下がDSで右上がMAXです。今年モデルから小さな1gのウェイトが増えました。

MAXでは球の上がりやすいと言われるバックフェイス側に5個。DSでは捕まりやすいと言われるヒール側に。より自由度の高まった設計にという意図が見えます。

この場所の違いも試打で味わってみたいと思います。


試打データ


グランプリ・ワンミニッツDS・試打データ

グランプリ・ワンミニッツDS試打データ

ドローを打つと捕まりは良いのですが、球が上がらりきらない印象です。フェイスがMAXよりも3ミリディープだからかもしれません。スピン量も少ないので場合によってはドロップしてしまうかもしれませんね。

そこで、フェードを打ってみました。すると、この大きなフェイスの効果なのか、スピン量の少ない吹けない強弾道が出ました。

スピンが少なく、上がらない設計のようなので、こすってスライスになったとしても飛距離は出ていそうです。

前回の記事でMAXはフェード系と伝えましたが、このDSと比較すると、MAXは良くも悪くもニュートラルな印象に変わりました。


関連記事 【2019年モデル】新発売グランプリ・ワンミニッツMAX-G57と試打比較!


フィティング&試打の予約はこちら

チップゴルフ
http://chip-golf.com/
TEL:03-6907-0166