Z-STARとZ-STAR XV

実はこの2つのボール、市販前のスリクソンZ-STARシリーズ最新モデルです。そこで今回は、スピン系ボール、ディスタンス系ボールと呼ばれるこの2種類のボールを使って、最適なボール選びを計測データを取りながら比較してみたいと思います。


最新のスリクソンZ-STARを使って比較


若林由美プロ
テスターは若林由実プロ。実は、発売前のこのボールがここにあるのも、女子プロの特権によって持ち込んでいただきました。ただし、XVは2018年モデルです。

若林プロは、今年のクラブセッティングも決まったところ。それで次は、どちらのボールが良いか?今のままで良いのか?という相談に至りました。

若林プロ-これまでは飛距離が欲しかったので、同シリーズのディスタンス系であるXVを使用してきました。でもこのボールで良いのかを知りたくて。

目的によってボール選びも重要なファクターのひとつです。早速2つのボールを計測器を使って比べてみました。最新ボールと、昨年まで使用していたXVとの比較です。


まずはSWのショートアプローチ


若林プロ ボール選び Z-STAR SW20Y
若林プロ ボール選び Z-STAR XV  SW20Y
※上がZ-STAR、下がXVのデータ。

Z-STARのほうがスピンをかけやすく、XVのほうが高さを出しやすそうです。どちらのアプローチが良いかは、好みとか感性の問題だと思います。どちらのアプローチを使ってコースを攻略するのが自分にとっての得策か?というところですね。

若林プロ-このデータと打った感触を得た上で、ラウンドでの感覚や距離感をつかんでみたいと思います。コースでの結果が楽しみです。

実際のラウンドでは、緊張感も加味されるでしょうし、実際のグリーンでの転がり方、止まり方などの結果や感覚を得て、決めるのが良いと思います。


7番アイアンでのショット


若林プロ ボール選び Z-STAR  7I130Y
若林プロ ボール選び Z-STAR XV  7I130Y
※上がZ-STAR、下がXVのデータ。

低くてスピン量の少ないXV。高くてスピン量の多いZ-STAR。「グリーンに止める!」を考えると間違いなくZ-STARに軍配が上がりそうです。

若林プロ-さっきのアプローチとはまた違う結果が出るんですね!これでパーオンが増えるとイイなぁ。これも実際のラウンドでの結果が楽しみです。

7番以外にショートアイアンでも計測をしましたが、やはりスピン系ボールのスピン性能は言うだけのことはありました。もちろん個人のヘッドスピードや技術的なこともあるので万人が同じ結果を得られるのではないと思いますが、明白な結果が出ました。


最後はやっぱりドライバーの飛距離


若林プロ ボール選び Z-STAR  1W
若林プロ ボール選び Z-STAR XV  1W
※上がZ-STAR、下がXVのデータ。

女性の方の多くの理想はやはり飛距離です。これはプロも同じ。グリーンに止めることをある程度諦めても、やっぱり飛距離が欲しい!という方が多いです。

ここまでの計測ではZ-STARに軍配が上がっていましたので、ここで、「やっぱりXVの方が飛んだ!」となると、実に悩ましいところでした。

どちらも飛距離は変わりませんでした!

ということは、これで決まりですね!

しかし、セッティングを考え始めた2か月前よりかなり飛ぶようになりました。これまでのことと比較すると、今回のこのキャリーは立派です。

若林プロ-今まではXVのほうが飛ぶと思ってました。Z-STARのほうが打感が柔らかくてつかまりも良いですね!あとはラウンドしてみて決定します!


スピン系とディスタンス系


ここ最近のボールの売り出し方を見ていると、スピン系は飛距離アップをアピールし、ディスタンス系はスピン性能アップをアピールすることが増えました。

確かに若林プロのように「どちらが良いのか?よく分からない。」という相談も増えているのですが、各プレーヤーの目的や適正がありますし、最終的には個人の感性やラウンドでの結果も合わせて決めていただくしかないと思います。

もちろん、今回のように「データ」を予備知識として持っておくことが、ボール選びの参考や近道になると思います。是非参考にされて下さい。


関連記事 女子プロ編ドライバーフィッティングの様子ー来春に向けた準備

フィティング&試打の予約はこちら

チップゴルフ
http://chip-golf.com/
TEL:03-6907-0166