渋野日向子愛用MCIプラクティス

今年大活躍の女子プロが愛用していたことで人気急上昇中の練習用シャフトを紹介。女子ツアーでも多くの選手が練習前のルーティーンにこれを使っているとか。

これまでもグニャグニャする練習器具はありましたが、今回は大手シャフトメーカーであるフジクラさんが作ってるということで、話題に拍車がかかったようです。


まるでゴムホースみたいにしなる超軟シャフト


フジクラMCIプラクティスアイアン

これはもう当店のシャフトも顔負けの軟らかさです。手元で振るだけでゴムホースという例えが大げさじゃないことが分かります。

上の画像は動画から切り出したものなので画質が粗いですが、大して動かしたわけでもないのにかなりしなります。多くの人はこれで当たるの?と不安になるでしょうね。

公式サイトでは

“国内女子ツアー選手から、「安定したスイングリズムを調整するための練習シャフトを作って欲しい」という要望により開発。大きくしなることで打ち急ぎを抑制し、スイングテンポを安定させ、効果的な練習が可能。”

と説明されていました。

この超軟シャフトを使って試行錯誤しながら自分のスイングを調整し、それが正しい方向へのスイング調整であれば本当に上達する救世主だと思います。


大きくしなるクラブをコンロトールする




ここまで大きくしなるシャフトでは、しなり戻って当てるのは困難です。多くの場合はしなった状態でインパクトを迎えるので、弾道が低くなるのが正解でしょう。

なので、

しなった状態で当たることを体感できるシャフト!

として使用されることをお勧めします。

どんなに硬いシャフトであっても、「しなり」と「しなり戻り」は起こります。

ですので、これよりも硬いシャフト(マイクラブ)に持ち替えたとしても、しなった状態で当たるようなスイング調整をこの練習用シャフトで覚えて欲しいところです。

よく「しなり戻りを利用する」という言葉を聞きますが、それを小手先で器用に行ったところでボールは遠くへ飛んでくれません。

すでに当店で用意した試打クラブを何人もの人が試されましたが、ボールが高く上がってしまう方が数人いらっしゃいました。

MCIプラクティスは、とても良い練習用シャフトだと思います。是非とも正しい理解とともにこれを持って練習とスイング調整に励んで頂きたいです。


愛用クラブとのギャップを埋められるか?


MCIプラクティスを使って練習したあとマイクラブに持ち帰ると、大抵の人はヘッドがボールに届かないというジレンマに陥ります。


さてこれをどう擦り合わせていくか?


実はこれ、アマチュアにはかなり難しい作業です。いち早く導入した女子プロも、愛用クラブをこの練習クラブ寄りのスペックに変更したほどですから。

ちなみに当店のオリジナルシャフト愛用者さんたちは、この練習用シャフトを上手に使われます。しなり方は結構違いますが、理屈を知っているからでしょう。


お問い合わせ&ご予約をお待ちしています!


チップゴルフ
Tel.03-6907-0166(11:00~23:00)
お問い合わせフォーム | チップゴルフ【公式】