名器CB-1008と新作TC-101を比較

三浦技研の自信作、「TC-101」のヘッドサンプルが届きました。チップゴルフではオリジナリティを加える予定があるため、このままの試打クラブは用意しませんが、ベストセラーとなった前モデル「CB-1008」と少し比較してみました。


名器『CB-1008』からの変更点は?


フェース比較

前作のCB-1008は、当店でも特注スペック品をメインで売らせていただきました。三浦技研の中でも過去最高の売り上げとなったベストセラーモデルだそうです。

そこで、気になる変更点です。

主だった部分は前作と踏襲していますが、バックフェースは大きく変更。

これには、重心配分や重心位置を番手ごとに最適な場所に振り分ける、という役目が課されており、打感&顔はそのままに「より易しく」を追求した形だとか。

ロング、ミドル、ショートアイアンごとにフェース厚が違い、ロングは薄く、ショートは厚くという、重心配分を変えたミスヒットに強いフロー設計を採用。


前作との見た目の違いは?


三浦技研アイアンソール部比較

バックフェースの違いは見てのとおり明らかですが、その他の違いが写真ではよく表せなかったので少々細く説明を。

まずトップブレードの形状は、シャープな感じから丸みを帯びたマイルドな雰囲気になりました。少しの違いなんですが、構えると違いが分かります。

次にソール幅ですが、実はトゥー側がより広くなりミスに強くなりました。削りの関係からか写真ではあまりそれを感じてもらえなくて申し訳ないです(笑)。


チップゴルフオリジナル特注品は?


前作に続き、こちらのニューモデルでも当店オリジナルカスタム品を作ります。詳しくはまだ明かせませんが、概ね以下のとおりとなります。

・FP値をよりストレートに。

・ショートピッチレングス専用重量調整。

・ロフトピッチの変更。

TC-101の発売日である来年年1月24日に試打クラブを作成し、当店オリジナル品の納期はその後、3~4月を予定しています。

前作愛用者の方も、さらに満足いただけるような仕組みを用意していますのえ、何卒ご期待ください。


お問い合わせはこちら


チップゴルフ
Tel.03-6907-0166(11:00~23:00)
お問い合わせフォーム | チップゴルフ【公式】